住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

女子会

こっちに来て長い日本人女性の先輩から、日本人女子会をしましょうと誘ってもらいました。

ジュネーブには日本の企業や機関から派遣されて来ている人が多いのですが、今日お会いした人たちはそもそも国際機関に就職活動して、最初から外国暮らし前提の就職をした人たち。
ジュネーブは数年の仮住まいだけど日本も別に終の棲家ではなくて、ここを出たらまた次の国に行くだけです。

何ヶ国語もしゃべれて、その上仕事もできて、自分の才覚一つで世界中どこへでもいけるし、実際にそうやって生きてきた人たちです。仕事にも遊びにも国境なし。

短期で派遣されてきて、帰るところもあり、せっかくスイスに来たんだから一年間いろいろ体験していこう☆とか思ってる私とは、スケールが全然違います。

とにかくかっこいい。

久しぶりに「華やかな職業」というものを目の当たりにして、かなりミーハーな気持ちになりました。