住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

ウェルカムセンター

外国人の多いジュネーブには、外国人サポートを専門にやるオフィスがあります。

CAGI(Welcome Center)
http://www.cagi.ch/en.php

住宅獲得の手助けをしてくれたり、外国人向けの近郊観光を企画してくれたり、電話相談にも乗ってくれたりする、とても心強い存在。
赴任すると家に案内が送られてきて、それに返信すると入会できるという仕組みだと聞いていたのですが、私はいつまでたっても案内が送られてこず。。。
メールしても応答がなく。

外国って、サービス受けられるの待っててもだめね。ガツガツいかないと。
とりあえず、「ぼんじゅー!」って声あげて、気付いてもらわないと。
気付いてさえくれれば、親切な人たちなんです。
最近そういうの身にしみてきた。

・・・なので。行きました。CAGIのオフィス。
国連本部からほど近い、こんもりした森のようなところに、絵本に載ってそうな可愛い建物が数個あり、そのうちの一つがCAGIでした。
案内が来ないけど入会したいんです と話すと入会申込書をくれましたが、夏はイベントがお休みで、つぎは秋から始まるみたい。
ジュネーブ市内の観光とか、施設見学とか。本当はいますぐ行って、夏休みに日本から遊びに来てくれる方を案内できるようにしておきたいのですが、、、。まあ仕方ない。

秋以降来る人がいたら詳しく案内できますよ!たぶん!