住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

Les Automnales

↑に行ってきました。仕事帰りなのでちょこっとだけど。
http://www.automnales.ch/fr/
オータムフェア。
入場料10フラン、夜9時までやってます。
14日は無料らしいので、混むかも。

本当にいろいろな業者が出展していて、ワインにチーズにフォアグラ、家具家電、ピアノ、自転車まで買えます。
生ガキやラクレットのレストランも点在してて、みんな夕食とったりワイン飲んだりしながら足を休めていました。
ひよこやウサギがいて、可愛いなあと思ったら食べられる動物の展示でしたorz

クリスマスグッズのコーナーにはヨーロッパっぽい可愛い飾りがたくさんありました。でもなんか特にクリスマスではない、ただの赤っぽいものや白っぽいもの(もともとスイスは赤と白の組み合わせが多いような)もかなりまじってたような。
白いものゾーンには、雪みたいなボンボン、白いトナカイ、白いツリーの隣にしれっと白い仏像が…


空港近くの展示場でやってるのですが、前に仕事で採用担当やってたときに就職説明会で各地の展示場を飛び回ったことを思い出して、なんだか懐かしいような思い出したくないような変な気持ちになりました…。

今は、出張たくさんして国際的なネットワークづくりをするのが重要な仕事のひとつのはずなんだけど、私ひとりで出張しても何もできないので内勤続きです。みんな出張で忙しそうなので肩身が狭いです。白いものゾーンの仏像と同じくらいの居心地悪さです。