住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

オフィスのお客さん、その後

先日、突然オフィスにやってきて「Wordの文書の途中からページ番号をつけるやり方がわからない」と言ってきた黒人女性が、また突然来ました。

こんどはなに!と思ったら、「顔を見に来ただけ」と言われ、
家族は元気?え、ひとりぐらし?それは大変、そうそうこの間のせんべいおいしかったわ、などなど数分間交流しました。

こないだまで知らない人だったのに。ページ番号をふっただけなのに、用事もないのに来てくれるようになった。
自分でも意外なほど嬉しかったです。じーん。