住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

ロンドン観光とオペラ座の怪人

先日行ってきた出張というのが英国だったのですが、週末にかかる出張だったのでロンドン観光できました。ラッキー!!

いやー、英国素敵。格式あって、可愛いものもあって、新しいものもあって。

ロンドンは都会だけどパリほど殺伐としてなくて、ゴミもそんなに落ちてなくて、公共交通機関は発達してて。移住したい街の一つです。在住の人は文句たらたらだったけどさ。

会議自体はそりゃもう胃痛ものでした(参加者の皆様のご協力により、無事終わりました)が、その後のロンドン観光で色々ふっとびました。楽しかったなあ。

 

f:id:mamezo12:20130929113424j:plain

コヴェントガーデンのマーケットのカップケーキ屋さんで食べたカップケーキ。クリームが砂糖でジャリジャリいうくらい甘いんだけど、紅茶とよく合っておいしかった。これはミニサイズ。レギュラーはこれの5倍くらいの体積。

f:id:mamezo12:20130926200801j:plain

会議参加者と一緒にいったパブのフィッシュアンドチップス。フィッシュ大きくてびっくり。「なにその大きな魚!日本人だからクジラ食べてるんじゃないの?」って笑われてどう答えたらいいんだろう、って思ってたらノルウェー人が「じゃあ私も食べないとね!!」って笑ってくれたのでほっとした。欧米人のジョークってときどきわかんない。

f:id:mamezo12:20130928132717j:plain

ピカデリーサーカスのYo!スシという怪しい日本食屋さんで食べた回転寿司。

なすの煮物や海老フライなど、すし以外の日本食もまわってて、楽しく食べた。まあ高いけど想定内の高さ。

f:id:mamezo12:20130928134110j:plain

おなじお店のラーメン。なんか関東のソバみたいな(?)白い謎の麺に、みそラーメンなのに透き通ったスープ、明らかに八角系の香辛料の味のするチキン。正直ラーメンとは別物だったけれど、海外の怪しい日本食が食べたかったので満足。

f:id:mamezo12:20130928174243j:plain

大好きな二階建て観光バスに乗って観光。どこ行っても走ってる、あれです。

いくつかコースがあったけど、Original Tourっていうの(黄色コース)が良かった。今まで乗ったこれ系のツアーでは最長の、一周2時間あまり。ガイドは録音じゃなくて生声だけど英語のみ。赤コースと青コースは日本語もあるみたい。

http://www.theoriginaltour.com/tour-information/tour-routes.htm

行きたかったところはこれでだいたい全部行けました。

ちなみにこれで行けないテート美術館は自力で行ったんだけど、一番見たかったミレイのオフィーリアはモスクワに出張してた。。おじさんが「1月には東京に行くからさ!」って励ましてくれたけど、オフィーリアが訪日するころ私はまだジュネーブだよっ!

なんで見たかったかって、ジュネーブのうちのバスタブが長くて浅いので肩まであったまろうとすると必然的にオフィーリア状態になるなあと常日頃から思ってて、本物を確認したかったってだけなのですよ。私が帰国するまで東京にいるかなあ。いないだろうなあ。

f:id:mamezo12:20130928174545j:plain

トラファルガースクエア。バスからなので視点高め。中学校の英語の教科書でトラファルガースクエアの話やってたなあ。Progress in English使ってた人なら思い出すはず。長文読解の文章が英国観光案内になってた巻ありましたよね。ウェストミンスター寺院はビクトリア駅から徒歩15分です、とかいう文章あったでしょ。

f:id:mamezo12:20130928183106j:plain

夕闇に沈む国会議事堂とビッグベン。このへんはまだ日があるのですが、2時間のツアーのあいだにどんどん日が暮れました。

f:id:mamezo12:20130928192334j:plain

夜のビッグベン!!ピーターパンに出たやつだ!!って嬉しくなりました。自分でも文字盤のところまで行ったことがあるような気がしてたけど、よく考えたらキングダムハーツのピーターパンのところで行っただけだったわ。

ツアー中何回か見えるので、夕方~夜の表情の変化も見られてよかった。

f:id:mamezo12:20130928192341j:plain

ロンドンアイ。高所恐怖症なので乗らないけど。

f:id:mamezo12:20130928193525j:plain

ハーマジェスティーズシアター。昼間にオペラ座の怪人を見ました。ずーーーっと見たかったんです。以前ロンドンに来た時、マチネでファントム、ソワレでレミゼを予約していたのですがイージージェットがまさかの4時間遅延で、マチネが犠牲になったのです。あの時はイージージェット呪いました。。。

今回もここでチケットをオンライン予約。席をみて選べます。予約確認がメールで来るので、それをプリントアウトして劇場の窓口にチケットをピックアップに行きます。

http://www.boxoffice.co.uk/

ただ、このボックスオフィスという会社は実際のシアターの受付窓口とは別の会社らしく、予約したチケットはこの会社の人が舞台当日にその日の分をシアターに持ってくるそうなので、前日とかに窓口に取りに行ってもまだチケットは来てません。受付のおじさん曰く、当日の1時間前くらいに来れば確実、とのことでした。

私はStallのV列で、ギリギリでバルコニー席の下に入ってるくらいでした。シャンデリアのシーンはまあまあ。前回はすごくいい席取れてたのになあ。イージージェット…。その後も結構乗ったけど、4時間は中々ないぜ。

レミゼの時のジャンバルジャンもそうだったけど、ファントムもこっちではちょっとばかり恰幅のいいおじさまが演じていて、最初はちょっと「これじゃ大人の色気はちょっと…」と思ってました。が、最終的にはやっぱり甘い声にころっとやられてました。日本で劇団四季のを見たときに、ファントムの声に本当に感動したので、本場でそれを裏切られなくて良かった。

日本で見たときよりもクリスティーヌが怪人にどうしても惹かれてしまう…という感じは薄かったように思います。単に英語の理解力の問題かもしれないけどさ。それもあって、途中やや怪人の一方的な執着や暴力的な感じが強調されてた気がします。それでもやっぱり怪人派になってたので、もしかしたら私はヤンデレ男やDV男にひっかかりやすいタイプなのかもしれません。過去にストーカーに遭ったり殴られたりしたことはありませんが。そして現時点においては箸にも棒にも引っかかっておりませんが。

指輪を返しにくるシーンは、もう悲しくて悲しくて泣いてしまいました。こんなに好きなのに、こんなにしてあげたのになんで愛してくれないんだ、っていうのはまんまストーカーの考えですが、それに共感したということは私にはストーカー気質まであるのかもしれません。ストーカーに引っかかりやすい上に自らもストーカー気質だなんて大問題です。両想いになったらお互いストーキングしあってグルグル回るのでしょうか。

ともかく全体的に大満足だったのですが、本場のを見てみて、劇団四季のファントムはこれと比べて全く遜色ないなと思いました。やっぱり本場が一番だわ!というわけでもなくて、歌詞の翻訳も自然だし、衣装も演出も全然負けてないなと。ロンドンのもできればまた見に行きたいけど、帰国したら日本のもまた見たいなと思いました。私が帰る頃は…北海道公演みたい。今度は北海道旅行だ!