住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

東京外大の言語学習モジュールがなかなか優秀な件

以前このブログのコメントでウムラウトに教えてもらった東京外語大の言語モジュールで仏語をイチから勉強しています。

http://www.coelang.tufs.ac.jp/modules/index.html

日本語のテキストで独学したりもしてきたけど、このモジュールのほうが読む分量がだいぶ少ないし、発音がその場で確認できたり、こまめに練習問題がついていたりしてなかなか使い勝手がいいです。

語学学校やランゲージエクスチェンジは、どうも会話が中心なので基本的な文法を理解するのには向いてません。ランゲージエクスチェンジならマンツーマンだから頼めば文法もやってくれるけれど、日本語で説明してくれるわけじゃないし、そもそも素人だから説明があいまいだったり正確でなかったりもします(向こうも同じこと思ってると思う)。

今はこれのフランス語の、発音モジュールと会話モジュール…をやろうと思ったんだけど、会話モジュールが難しすぎてちんぷんかんぷんだったので、会話モジュールに出てくる文法や単語をカバーしている文法モジュール「話す・聞く」をやっています。それで発音がわかんなかったところや質問があれば、ランゲージエクスチェンジで聞いてくることにしてます。語学学校と違って自分のペースでできて便利。

仏語は発音しない文字がたくさんあるので、耳で聞こえてくる言葉とつづりがぜんぜん一致しないし、つづりによっては前後の単語によって発音が変わるので個別の単語の発音だけ覚えても文章で聞いたときになかなか理解できません。読み書きだけでは話せるようにならないし、耳からだけではいつまでたってもルールが理解できない。

そこらへんをわりとバランス良く、しかも無料で教えてくれる良い教材だと思います。いまだに「私は犬を飼っています」みたいな中一の一学期くらいのことをやってるのでいまいち説得力には欠けますけれどね。

フランス語以外にもいろんな言葉がありますので、新しい言語をはじめてみたい人にはかなりおススメです!!