住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

もも肉ラブ

とりもも肉が手に入ったので、毎食のように親子丼食べてます。わーい。洋食修行も休憩。

スイスでは骨付きのを解体しない限り手に入らないもも肉も、フェルネー(仏側)のカルフールに行けば簡単に買えたのです。車持ってないのであんまり仏側まで行くことがなくて知らなかっただけ。

他にも牛の脳みそや、胃袋、羊や豚の舌などなど、珍しい肉がいろいろありました。ちょっと勇気出なかったけど。

何やら刻んで丸めてひもでしばってある、「豚の顔」という表記の肉もありました。顔って。顔って。

あと、「動物たちの肉」というものすごく安いこまぎれ肉を見つけて、どこの肉?!ていうか何の肉?”たち”って何?混合ってこと??と気になりつつ、こっちではこま切れ肉がめったに売られていないことと、安さにつられて買ってみました。

あとからわかったのですが、肉オブ動物ではなく、フォー動物、つまり動物のえさでした。仏語ちゃんとやらねば・・・。

私は食べる前で良かったけど、一緒に買った人に念のためお知らせしたところ

「ははは!ナイスジョーク!」と言われたので、どうやらもう食べてしまっていたようでした。ちゃんと調理すれば食べられるようです。結局何の肉だか、どこの部位だか等は何もわかりませんでした。動物用とはいえやっぱり適当な表記だよなー。