住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

ランチ女史会@WMO(世界気象機関)

国際機関に勤める日本人女性で集まって、WMOのカフェテリアでランチしました。

WMOカフェテリアは眺めが良くてトリップアドバイザーにも載ってたりします。

この季節には珍しく、最近お天気がいいので(寒いけど)、この日も青々としたレマン湖がすごくきれいでした。

カフェテリアは12時半~14時は一般に開放されていて、国際機関の職員証があればそのまま入れます。ない人は、パスポートやIDカードを受付で預けて、引き換えに入管証をもらいます。

それにしても楽しかった~!

同じような境遇だからか(まあレベルは私がダントツで雑魚だけど)すごく話が合います。さっぱりしてオープンな人ばかりなので誰でもすぐなじめるし、仲良くなっても固定グル―プでべったりじゃなく、それぞれが付かず離れずの心地いい距離を保つのですごくさわやかな関係です。