住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

質素なクリスマス

さあ、サザエさんシンドロームが深刻化する日曜日の夜。
今までの楽しい思い出をまとめて更新です。

ジュネーブのクリスマスは、地味です。
プロテスタントの街だから、華美な装飾やらはしないそうで。
ヨーロッパのクリスマスってこう、キラキラしたイメージあるじゃないですか。
実際私も、「ヨーロッパのクリスマス、キレイなんでしょうね!いいなあ!」なんてメッセージを日本の人からたくさんいただきました。

しかし、はっきり言いましょう。
東京のクリスマスのほうが、ずっとずっとキラキラしてます。

あの丸の内仲通りのイルミネーション、なんですかあれは。
LED特有の寒々しさを感じさせない、かつ上品で現代的な色。
単色なのに圧倒的な華やかさ。
全く気にしていなかった異性とたまたま近くを歩いていて、うっかり一緒に見てしまったら、それだけで恋が生まれてしまいそうなほどの美しさじゃないですか。
※そんな素敵な思い出はありません。残業後に一人で見ました。

あれよりキレイなものなんて、そうそうあるわけないじゃないですか。
東京の人、ヨーロッパを羨んでる場合じゃないですよ!

…とはいえ、質素ですが、質素なりの良さもありますので、ぼちぼち紹介します。


職場の、うちのフロアのクリスマスツリー。
12月に入ると、誰が出してくれたのか、各フロアにそれぞれ違ったツリーが飾られます。どのフロアもちょうどエレベーター(ガラス張り)から見えるところにあるので、乗っていると各フロアのを続けて見られておもしろいです。


ローヌ通り付近のクリスマスツリー。
なんだ、ジュネーブにもこういうのあるんじゃないか!と思った。

ちなみにローヌ通りは高級ブランドのお店が並んでいるので、私は「お金持ち通り」と呼んでます。
実際アラブの富豪の妻っぽい人が夏場の避暑時期にはよくいるらしい。


隣町カルージュのクリスマスマーケット。
よくイメージされる、クリスマス風のログハウスみたいなのとか、温かい灯りとか特にありません。テントです、テント。
しかも売られているものはクリスマスグッズではなく、普段から通り沿いのお店で売られているもの中心のような。。。
でも可愛いものがいっぱいで、とっても楽しめました。
カルージュにこんなに人がたくさんいるなんて、初めて見ました。
人が少ないときにまた改めてゆっくり来たいなあ。

以前は「ジュネーブは何でも高いのに、可愛いもの何もないなあ」と思ってたけど、最近はあれも可愛いこれもほしい、ってなって大変です。
たぶん目がスイス基準に慣れてきただけなんだろうと思います…かわいさの面でも、あと価格の面でも…。


カルージュのクリスマスマーケットで唯一クリスマス感を放っていた、高足サンタ。お菓子を配ってたようです。

あと、私が好きなのはベランダにぶら下げるサンタ人形。
→こういうの。
写真とっとけばよかった〜

結構大きいので、最初は「人がしがみついてる?!」と思ってぎょっとしたのですが、今は見慣れました。必死な背中が可愛い。
私もやりたかったんだけど、お店で発見できず。

クリスマス期間中ずっとぶらさがりっぱなしの健気な人形なのですが、きょう(1月6日)はクリスマス飾りを片づける日なので、ようやく家に入れてもらえるのでしょう。
日本でも流行らないかなあ。


とまあ、こんな感じで、キラキラというよりはなんとなくほのぼのした感じのクリスマスです。
日本ほどテンション高くない感じです。

そして何より日本と違うのは、そして私が良いと思うのは、「イブの夜は恋人と過ごすべき」という圧力がないことです!

まず、クリスマス当日をイベントとして扱うというよりは、クリスマス〜1月1日までの休暇をどう過ごすか、ということに焦点を置いているので、クリスマス単体としてのイベント感が薄いです。
みんな「イブはどうしてる?」じゃなくて「休暇はどうするの?」という話をします。

そして、基本的にクリスマスは家族と家で過ごすものです。
旅行する人も、家族とという場合が多いです。

イブに彼がレストラン予約してくれてぇ〜、とか浮かれてる方、黙ってください。
ひがんでるわけではないです。えぇ決して。
ただ、クリスチャンでもない人たちが、本来の習慣とは関係ない方向に盛りあがっているのは、本場の人たちからは滑稽に見えるものだと、忠告したいだけです。
うらやましくなんかないんだからねっ!!


最後に、私と同僚の会話。

私「日本のクリスマスは変なプレッシャーあってさ…」
同「その代わり、欧州には2月にそういうプレッシャー受けるイベントあるから」
私「それ、バレンタインだよね。日本でも再度プレッシャー受けるよ」
同「Oh…」

結局こういうネタに落ち着いてしまいましたが、こっちの落ち着いたクリスマスも、まあ悪くないですよ、と。(無理矢理まとめた)

と言いつつ私もクリスマス前にジュネーブ脱出していたので、イブをここですごしたわけじゃないんですけどね。
それについては、次回に続きます。。。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村