住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

ジュネーブモーターショー

に、行ってきました!

車とか全然わかりません。ごめんなさい。


3億円以上する車だそうです。世界で数台しか作ってなくて、もう全部売約済みだそうです。誰が買ったの、ねえ誰。


なんかタマムシみたいにつやっつやしてて、ちょっと渋い緑っぽい私好みの色だったので可愛いなあと思っていたらどうやら一億くらいするらしいと聞きました。


つや消し加工された車がけっこうたくさんあったのが印象的でした。走ってる車でつや消しされてるのあんまり見たことないんだけど。これからクルのかしら。


可愛い〜。500万円くらいだったと思う。別に安くはないんだけどなんかすごく安く感じはじめていてもうよくわかりません。


トヨタのブース。
ドライブシミュレータがあって、行列ができていました。

トヨタはカイゼン方式を他社にも提供して、相手を助けることで回りまわって自分の利益になるという方針でやってきた。それが日本企業の魂。そういう心意気で、世界で活躍していこうよ、というようなお話を日本人向けの集まりで伺いました。

私みたいな若輩にも腰低く、丁寧に接してくださって、さすが日本の営業マン、という感じでした。そういうお客様扱いが新鮮でした。
どうもこっちに来てから、言葉の問題もあり、どんなお店に行っても常にちょっと馬鹿にされてるような気持ちだったので。。。日本っぽいなあって。


我らがマツダ。(広島贔屓)
閉まる直前だったのでお兄さんがカバーかけようとしてます。ギリギリセーフ。。。
こっちってそういうとこ容赦なくて、よっしゃ時間きた、はい片づけた、じゃあ帰ろう!みたいな感じで、客がいるとかいないとかあんまり関係ないです。

ほかにもホンダとか日本車けっこう面積使って頑張ってました。

日スイスEPA発効でどれくらい恩恵あったのかなあ。
そこらへんちゃんと伺ってみたかったなあ。

TPPに湧く今の日本で、他の国とのEPAFTAについて国内でどれくらい話題にされているのかはわかりませんが、日本とスイスは2009年にすでにEPA結んでます。スイスはもともと自動車業界持ってないから日EUみたいに警戒されることもなく、TPPみたいに農産品輸入で大モメということもなかったためにあんまり騒がれてませんが…。

ということで、車わからないなりに楽しめました。名前聞いたこともないような会社もたくさんありました。
日本のネットのニュースでみるモーターショーって、よく超セクシーな衣装のおねえさんが車に寄り添って写真撮られてるけれど、ここのは別にセクシーじゃありませんでした。ふつうの大学生のバイトって感じ。私たちが帰る頃にはもうみんな普段着に着替えて帰ってるとこだったし。

あと、一部、車自体ではなくタイヤ、シートや整備用機械類が展示されているコーナーもありました。工場で活躍する系の機械。素人目にはなんの機械だかわからないものもたくさんありました。タモリ倶楽部とかでツアーやってほしい感じ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外OLへ
にほんブログ村