住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

チョコレート祭り!

にも行ってきました!

会場はジュネーブの隣町、ヴェルソワ(Versoix)です。
市内のバス定期でいけちゃいます。

こっちのバス定期は選択したエリア内乗り放題なんだけど、ヴェルソワも私の定期のエリア(エリア10という、一番基本的なエリア)に入っていて、バスでいこうが電車でいこうが乗り放題なのでした。

駅から出てノープランのまま人の流れに沿って歩きます。
だってサイトに地図とか何もなかったんだもん。
でもすぐ着きました。


テントの入り口。この中は魅惑の空間です。


真ん中にチョコレートアートの展示、外周はお店のブースが出ています。


こんな感じ。奇跡的にお店の前に人がいないところ撮れた。
(天気悪かったのに人はめちゃくちゃ多かったのです。)
このお店はフォンダンショコラがめちゃくちゃおいしかったです。
買うとお姉さんがレンジでチンして温めてくれます。

それを一緒に行った女性とお店の横でつつきながら食べたのですが、二人とも一口食べて言葉を失い、うるんだ目でお姉さんを凝視しながら(…お姉さん…ありがとう…!!)と心に直接呼びかけるという奇行に走らざるを得ませんでした。
ちなみにその後私がやっとひねりだした言葉は「人間のしわざとは思えない」でした。
店舗はこちら。http://www.chocolaterie-merigonde.ch/


チョコレートファウンテンンンンンンン

を、

イチゴにだばぁ

もうこれおいしいに決まってるでしょう。
イチゴ自体も相当甘いやつで、チョコの甘さとけんかしない感じでした。


うさぎとショコラショー。イースター近いので、ウサギ、トリ、卵系のものがたくさんあります。

ショコラ=チョコレート、ショー=ホット なので結局ホットチョコレート、ココアです。
私、日本でショコラショーって言って売り始めた時、仏語の響きのおしゃれさに騙されて、何かココアとは別の飲み物だと思ってたんだよね。
同じような例として、ジレ=ベスト=チョッキ というのが挙げられるよね。


職人が動物作ってます。


会場の外では風船釣りならぬアヒル釣りが。
うしろに景品みたいなのがたくさん置いてあるので、風船釣りとちがって釣ったアヒルを持って帰るわけではなさそうです。
アヒルは結構早く流れてます。


戦利品。ピスタチオ入りホワイトチョコ、生チョコ、たまご型チョコ、

生チョコは、パヴェ・ド・ジュネーブという名前で、いろんなお店が作ってます。
試食させてもらってすごくおいしかったので、私はStettlerというお店のを買いました。
http://www.chocolaterie-stettler.ch/english/presentation.html
日本にもお店あるみたい。

たまご型のチョコもStettlerで、ほんものの卵パックみたいな紙のパックに入ってるのがぐっと来たため購入。だいぶ小さいんだけどね。うずら卵よりちょっと大きいくらい。味もおいしかった。職場で配りました。

ピスタチオのやつは、普通のホワイトチョコがあんまり好きじゃない私ですらつい買ってしまうほどのおいしさ。ホワイトチョコとピスタチオってこんなに合うんだ。他にもホワイトチョコにピスタチオやナッツを入れたチョコはありましたが、私の好きじゃないドライフルーツが入っていたりで、このお店のが一番でした。店舗はこちら。ちょっと駅から遠くて行きづらそうだなあ。。。
http://www.wiznoo.ch/#n0=page&n1=vitrine&n2=view&n3=54940&r0

後ろのビンは、チョコレートビールです。
味は…まだ開けてないからわかりません。一人じゃ飲み切れないから。
開けたらまた感想書きます!

すっかりお腹いっぱい、というかほぼ気持ち悪くなって帰路についたのですが、それでも幸せでした。悔いなし。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外OLへ
にほんブログ村