住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

【結論】アニメはすごい。

最近、新しくランゲージエクスチェンジを始めました。
インターネットの募集サイトに掲載したら同時期にばたばたとコンタクトがあって、同時に数人とやりとりしてます。文通含め。
熱心な人もそうでない人もいるので、だんだん減るかもしれないけど。
全員に共通しているのは、日本に興味をもったきっかけがアニメだったということ。

仏語圏の20代、30代は、子供のころに必ずドラゴンボールをTVでみているそうです。
他にも、キャプテン翼北斗の拳めぞん一刻などなど、懐かしのアニメの名前がどんどん上がりました。

そしてゆくゆくは日本に興味をもち、日本に旅行し、日本語を勉強し、日本に住みさえするのです。
おそるべしアニメの力。

ちなみに仏語吹き替えですが、アニメ=子供向け という認識のため朝の放送で、飲酒のシーンはオレンジジュースと翻訳され、北斗の拳は音声上では誰も死んでいないことになっていたそうです。そこまでして北斗の拳わざわざやらなくても、と思うのですが。。ひでぶ!とか仏語でもヒデブ!って言ってたのかなあ。


で、肝心のランゲージエクスチェンジですが、一人非常に熱心で、片言で会話できる人がいます。興味があってもそんなにしゃべれる人は珍しいです。
その人は毎週ひとつ何かの文章を読んで来て、音読し、意味のわからないところを聞いてくるのですが、今週の課題はR25からでした。

「上司・部下にしたくない大学 1位は?」
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20130328-00029004-r25

よくR25なんて知ってるよなあ、面白い記事選んでくるなあ、とまず感心。で、
「リーマンってなに?」
一橋大学ってどう読むの?」(ちなみに早稲田は読めた)
と聞いてくるのですが、今日一番心に残った質問は、

「素直に『はい』といわなさそう、というのが、どうして悪いことなの?」

でした。

「日本では、自分の言うことを素直に聞く部下が良い部下だと思っている上司が多いからだと思います」と言ったら「おー、日本っぽい!」と笑っていました。

そうかー、そういう質問が出てくるんだー、とすごく新鮮で、新しい英単語とともについメモってしまいました。

前のエクスチェンジのパ−トナーがミャンマーに旅立ってまだひと月たってないし、新しい人はまだ友達というよりはもっとビジネスライクな関係だけど、おもしろい交流ができそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外OLへ
にほんブログ村