住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

地下鉄のチケット 〜やっと外へ。。〜

地下鉄の駅にはタッチパネル式の券売機があって、もちろん仏語ですが、英語表示に切り替えることもできます。よかった。
おすすめは市内エリアの10回回数券。RER(郊外まで行く電車)も普通の地下鉄も、市内エリアであれば乗れます。ジャパンエキスポに行くときと、ベルサイユ宮殿に行くときは、このエリアから出るのでダメでしたけど。使用期限はない模様。

10枚13ユーロくらいだったかな。。。ガイドブックより若干値上がりしていました。
券売機で、「Ticket t+」の「Book」を1つ買います。最初、Bookって予約とかそういうことかなーと思ってたのでわかんなかったのですが、普通に冊子という意味だったみたい。10枚で1冊、という。しかし実際出てくる切符は冊子ではなくて10枚ばらばらで、券売機の受け口にばさーっと山盛り状態です。なんなんだ。
Bookじゃないのを1つ買うと、普通に1回券が一枚1.7ユーロで出てきます。

メトロは入り口できっぷを通して駅に入り、出るときには切符はいらないのですが、RERでは出るときにもいるので、なくさないようにとっておきましょう。
メトロからRERに・RERからメトロに乗り継ぐときも、同じきっぷそのまま入れて大丈夫です。
乗るたびに買わなくていいので、楽チンだし、あんまり駅で何度もお財布出し入れするのも治安の面から見てよくないので、回数券はオススメです。

ということで行った観光スポットは、また今度書きます。
特に2回目のパリ観光は週末強行軍の上に暑くて死にそうだったので、もうちょっと涼しくなってから思いだしたい…。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外OLへ
にほんブログ村