住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

その他、この夏の旅の思い出(ノルウェー、デンマーク、クロアチア)

そして、仕事やら何やらで書けないでいた、他の旅行の思い出もこの際書いてしまおうと思います。

・ノルウェー(Oslo, Hammer, Flam)

大好きなノルウェー人の同僚が実家に帰るというので、「いいなー、涼しそう!」と言ったら、「じゃあおいでよ!」と言われ、さすがに冗談だと思っていたら翌日具体的なフライトの提案があり、ほんとにお邪魔することになりました。
同僚と、その奥さんと娘さん、同僚のご両親に弟2人、弟の奥さんと赤ちゃん、そこに私が加わるという超アウェーです。

同僚の実家での朝ごはん。トーストに、ゆでたまごのスライスと、たらこペーストを載せるのが定番だそうです。チューブ入りのたらこペーストはちょっとだけ甘辛く、なんというか日本の味ド真ん中、って感じでびっくりしました。おいしかったのでたくさん買って帰りました。
茶色いチーズはノルウェー特産だそうで、やぎ乳が入ってるそうです。ちょっと甘みがあってやわらかいです。これをパンにのせて、ベリーのジャムをかけて食べるのも定番。

同僚の実家の庭には、いろんな種類のベリーの木が植えてあって、一周するとお腹いっぱいになりました!パンや肉に添えるベリーのジャムやソースは、ほとんど庭でとれたものを使ってるそうです。
おいしかったなあー。。。。

同僚の実家に1泊して、翌日はFlam(aの上に○がついてる不思議な文字。フロム)まで鉄道で行って一泊。ここからフィヨルドクルーズに出かけるのです。

ギリギリに予約したので期待してなかったけど、フィヨルドビューの可愛いお部屋でした。
フロム自体、本当にフィヨルドツアーしかないけど可愛い村でした。


そしてクルーズ。あいにくのお天気で青いフィヨルドは見られず・・・。でもまあ満足です。
きれいだったけど、レマン湖も相当きれいだからなー。ノルウェーまで来なくてもレマン湖でいいかもなー。

翌日はオスロの、同僚の弟夫婦の家に一泊。
同僚の弟って、2日前に初対面なわけですよ。それでおうちに泊めてもらうとか、もうかなりな人見知り矯正訓練なわけですけれど、自然に歓待してくれました。

オスロでは、変な銅像がたくさんある公園に行きました。

一番人気、おこりんぼうの像。おこってます。
でもなんでこれが一番人気なのか、よくわかりません。だって他にも変な像がいっぱいあるんだよ。


これとか。
「もう出かけなきゃなのに髪が乾いてない!!の像」(命名・私)

ノルウェーでは、一応観光のメインはフィヨルドなんだけど、心に残ったのは同僚の家族の温かい歓迎でした。家族の帰省にお父さんが職場の人を連れてくるとか、ちょっと考えらんないと思うんだけど、当然のように受け入れてくれて、家族の一人みたいに扱ってくれて感動しました。帰るときにはちょっと泣きそうになったくらい。
ウルルン的な番組は「そんなちょっと居候しただけで別れ際に泣くとかしらじらしい、送り出すほうはせいせいしてんじゃないの」と思ってななめに見てたのですが、実際自分がやってみるとこんだけの短い滞在でも結構ぐっと来るなーと思います。

2020年に同僚が日本にオリンピック見に来たりしないかな。そしたらジャパニーズうさぎハウスで歓迎してあげよう。


・デンマーク(Copenhagen, Roskilde)
そんなに時間がなかったのでコペンハーゲン市内の建造物とかはほとんどスルーしてるけど、きれいな建物がたくさんありました。
ロスキレはすごくのどかで平和な感じの街。治安もコペンハーゲンよりだいぶよさそうでした。

ロスキレの誇る世界遺産、ロスキレ大聖堂。

しかし、日曜で入れませんでした。。


コペンハーゲン。北欧の港町、って感じ。


世界3大がっかりの人魚像。そんなにがっかりしなかったよ。きれいでした。


オスロで見つけたときに「ここに住みたい!」と宣言してしまった、安くて可愛い雑貨屋さん。
スイスにはないのか調べたけど、ないみたい。。。でも日本にはあるみたい。
やっぱすごいわ、日本。

デンマークに住んでいる知人を訪ねる旅だったのですが、フツーに観光に連れて回ってもらっちゃいました。ごはんはニシンが名物みたい。ノルウェーで見つけたたらこのペーストも売ってました。


クロアチア(Dubrivnik)
そして最後はクロアチアドゥブロヴニク。これも週末を利用して行きました。
ジュネーブからイージージェットで直行便があって便利です。ただし夏以外は減便。

旧市街の城壁の上より。
行く機会があったら是非城壁登ってください。ぜひぐるっと一周してください。
ちょっと怖いくらいの高さだけど、どこをとっても絶景だから。


明かりのともりはじめた旧市街。
夜のほうがむしろ混んでるくらいの人出で、治安は全然心配なさそう。


シーフードレストラン、カメニチェ。
地球の歩き方に載ってるらしく、日本人がちらほらいました。
イカスミのリゾットと、イカフライがおいしいと聞いていて食べたらほんとにおいしかった!
特にイカフライは絶品でした。
ジュネーブではあんまりおいしいシーフード食べられないので、たらふく食べました。
やっぱ旅行は料理のおいしいところに限る!

その他、近くの島に船で渡って泳いだり、ロープウェイで展望台に行ったりしましたが、旧市街はこじんまりとしてるので日本人なら1〜2日で十分かなと思いました。

こっちにいる人にはよくおススメされるクロアチアですが、やっぱり紛争のイメージが強いからか、親に「クロアチア行く」って行ったときには結構心配されました。
でも実際街を歩いてみて、ドゥブロヴニクの治安はジュネーブより良いんじゃないかなと思いました。暗くなってからも、全然物騒な雰囲気にならなかったし。
逆にギリシャに行くときにはあんまり心配されなかったけど、アテネのほうがよっぽど治安悪いと思います。

もう夏が終わって日が短くなりつつありますが、ヨーロッパ住んでるうちにまだまだ色々行っておきたいので、これからも仕事の合間にうまく週末使って、近場の街に出かけていこうと思います。

その前に帯状疱疹治さなきゃ・・・。明日からはチクチク感抱えながら仕事です。

そうそう、あんまり旅行してる記事書くと、「仕事しに行ってるのに旅行ばっかりでけしからん!」とか言う人がいるようなのですが、仕事は平日にしてますので、休日は好きにさせてください。
OLが休日に自分のお金で何しようと、本来自由なはずでしょ?日本に居た時休みにどこに行こうと誰も文句言わなかったのに、海外赴任中だとそれがとやかく言われるって、何故なんでしょうかねえ。。。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外OLへ
にほんブログ村