住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

プラハ一泊二日

続いては11月上旬に土日で行ったプラハ。朝寝坊して飛行機逃しかけました。もともと朝弱いので、遊びだからって早起きできないです…。ギリギリ間に合ったからよかったようなものの。

有名都市だし、ガイドブックに載ってないようなスポットに行ったわけでもないし、要はジュネーブから土日で十分行けるってことだけお伝えしたいのでさらっと書きます。ウィーン乗換でした。

 

f:id:mamezo12:20131109145035j:plain

修道院そばからの眺め。

 

f:id:mamezo12:20131109162935j:plain

プラハ城内の教会での室内楽コンサートの当日券を売っていたので鑑賞。落ち着いた雰囲気で良かったです。ただ、寒かった。。

 

f:id:mamezo12:20131109160139j:plain

カフカの家・・・の2軒隣くらいにある可愛い家。

 

f:id:mamezo12:20131109173300j:plain

夜のプラハ城。

 

f:id:mamezo12:20131110105539j:plain

カレル橋の像。いろんな像に人だかりができててみんな触りまくっていたので、由緒もわからないまま数々の像に触りまくりました。

 

日曜日はガーネットのお店で色々物色しました。色々みて結局日本人スタッフのいる専門店に行きましたが、他のお店に比べてそんなに値段が高いというわけでもなかったです。一緒に行った人たちはものすごくものすごく迷ってアドバイスをたくさんもらって買っていたので、日本語の通じるお店は良かったかもしれません。

 

もともと、友達がくれた占いの本に書いてあった私の「2013年下半期の吉方向」にあたる方角にプラハがあり、「運気をあげるモノ」が濃い赤色の石のアクセサリーだったので、これは行ってガーネット買ってくるしかない!と思って行ったのです。

「これで私の厄も落ちたな!」と思ったけど、帰ってきて2日で石が落ちました。私の厄はガーネットには重すぎたようです・・・。