住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

帰国に向けて。

ひそかに帰任の時期が近づいてきているので、帰任準備について必要そうなことをリストアップしてみました。

確かに赴任準備タグはもう長いこと使ってませんが、もう帰任準備タグを作る時期になってるなんて、とちょっとしみじみしてしまいます。

 

・今の家の大家さんへ退去の連絡

・スイスの銀行口座の閉鎖

・携帯の解約

・帰国後の家探し

・引っ越し屋さんの手配(ジュネーブ→新居、実家→新居)

・新居に必要なものの手配(布団とか)

・ピアノのリースの停止

郵便物の転送(自宅宛ての物を職場へ。だいじそうなものは日本に転送してくれるようにお願いする)

 

このほかインターネットやTV,電気などの手続きも普通はあるのでしょうが、私は大家さんがすべて代行してくれていた(というか前の人のまま引き継いだ)のでしなくてよいようです。また子供がいる方は学校の手続きなんかも入って来るでしょうね。

このほかにも気付いたらここに追記していきます。