住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

一時帰国しました。

出向元の面談と帰国後の家探し(土日)を兼ねて、5日ほど帰国してきました。あっという間だったけど、たくさんの懐かしい方々にご挨拶できてよかった。前職で関わりのあった1、2年生職員にはあんまり会えなかったのが残念だったけど(リサーチ不足でどこにいるのかわからなかった)、元気でやっているかな。。

 

家探しは、今の家賃(30万弱)の5分の一くらいで同じような広さの家が借りられちゃう日本に興奮してしまい、以前の部屋よりだいぶ広いところを借りることにしました。いまから家具の配置にちょっとわくわく。

 

最近アニメがあんまりおもしろく思えなくて生きるのがつまらないと感じていたけど、久しぶりに会う人にこのブログおもしろいってほめられたので、生きようと思いました。