住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

海外OLはつらいよ

このブログでは何回か書いてることでもあるのですが、帰国を目の前にして、どうしてももう一度書いておきたいなと思ったことがあります。それは、海外で働くって、楽じゃないよってことです。

海外赴任の機会を頂けてありがたいと思っている事は前提として、それでも書いておこうと思います。

 

今の職場は日本みたいにひたすら残業したりしないので、拘束時間は日本にいたときより短いです。だから身体の疲労は日本のときよりもずっと軽くて、自分がつらいってことに気づかなかったりします。日本にいたときの激務のストレスとは種類が違うんですね。

でもある日突然、何故か涙が決壊して止まらなくなったり、急に誰にも会いたくなくなったり、ごはんを食べられなくなったりします。 

頑張っても頑張っても言葉の壁が越えられない、言いたいことが言えない、仕事面でも生活面でも、日本でなら簡単にできてたことが全然できない、個人主義の職場文化に慣れない、達成感が感じられない、周りの人がみんな自分より優秀すぎて自分がいらない人間に思える、日本側の期待にも、ジュネーブ側の要求にも応えられてない、ただただ申し訳ない、何で私ここにいるんだろう、誰の役に立ってるんだろう。などなど。そういうことをグルグルと考えてしまいます。

 

これは私だけじゃなくて、周囲の複数のジュネーブOLの人たちが言っていることです。よく国際機関ランチで集まる女性陣は私から見るとみんなキラキラ輝いていて、それぞれの職場でバリバリやっているようにしか思えなかったのですが、それでもそんな時期があったって言うんです。

 男性の声はあんまり聞く機会なかったので定かではないけど、男性にもそういう人いるんじゃないかと。

 

そんなとき日本から、「海外行かせてもらえていいなあ!」なんて言葉をかけられると、悪気はないんだと分かっていてもやっぱり凹みます。

愚痴や悩み相談にまで「でもそれもいい経験だよね!羨ましい!」と返されて絶望したこともあります。

 

でも、私が一番言いたいのは、「簡単にイイネーとか言わないで」ということではないです(まあちょっとは言いたいけどさ)。

私自身、ここに来る前は海外に出ることに単純に憧れがあったので、やっぱり逆の立場だったら「イイネー」って言ってたと思います。言う側の気持ちもよーくわかります。

なので他人にそう言われるのはある程度仕方ないと思います。悪気はないと分かってます(多くの場合はね!)。

 

ただ自分で自分にそういうこと言う必要はないってことです。

これは、偉そうだけど、半分はこれから海外に赴任する人に向けて、そして残りの半分は自分に向けて言いたいことです。

実際暮らして働いてみるまでは、きっと住めばすぐ言葉もできるようになる、仕事も慣れればできる、大変だろうけど前向きにがんばれば大丈夫、って思ってました。

だから頑張っても思うように伸びない自分にすごくがっかりしたし、焦ったし、周囲の期待にこたえられなくて申し訳ないって思いました。そうやって落ち込んでる自分の弱さにまた自分を責めたり。せっかくの休日も、家から一歩も出られなくて布団かぶって過ごしたり。

私が無能なゴミだからではなく、私の周囲のキラキラOLの人たちにだって、そういう人は何人もいます。

単に、自分で思っていたより、海外の異文化の中で働くのって大変だったんです。

だから自分だけがゴミだと思って落ち込まないでください。私もゴミです。誰もが通る道だと思って、気楽にしてください。あなたや私がどんなに落ち込んで、周りに申し訳なくて消えたいと思っても、それで明日からバリバリやれるようになるわけでもなく、誰かが助かるわけでもないので全くの落ち込み損です。

 

私は長らく周囲の輝ける友人たちの中で自分だけがこんな気持ちでいると思っていたけれど、そうじゃなかったと知ったときに何だかすごくほっとしました。

だから今後こっちに来る人が同じ思いをしたときにたまたま検索でここを見つけて、なんだー私だけじゃなかったのかーって思ってくれるようなことがあったらいいなって、そう思って書いてます。アラサーOLぼやきブログの本懐です。