住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。コメントは今でも歓迎です。

送別会ラッシュ、など。

最近ありがたいことに送別会が続いていて、大好きな人達に惜しんでもらえる幸せ(と体重増加の恐怖)を噛みしめてはいたのですが、それでも次の日オフィスで会ったり、別の機会にランチで会ったりで、これが最後ってわけじゃない場合が多かったんですよね。

でももう帰国が目前なので、送別会がお開きになる時点で「お別れ」っていう人が増えてきて、急に寂しさを感じるようになってきてます。

もうほんと寂しい。泣きそう。本当に本当に、日本人もそれ以外も、とにかくお友達に恵まれました。ほんといい人たちだった。別れたくないよう。あと半年くらい、送別会やり続けてほしいよう。

特に日本人OLのお友達は、すごく良い距離でのお付き合いができました。

社会人になってからは友達増えにくいものだけど、ジュネーブに来てからは日本人が少ないということもあって仕事抜きで紹介してもらう機会も多く、ぽんぽんと友達の輪が広がりました。

そして会えばおしゃべりは尽きないし、お互いの家を行き来したりもするけれど、決してべったりにはならないところがまた素敵。誰に対してもオープン。みんながそれぞれ面白い事へのアンテナを持っていて、色んな楽しい引き出しがあるから、人の悪口で盛り上がるような暇もない。会うたびに気持ちがすっきりして元気になれる、素敵な人たちでした。

日本に帰ってもまた会えると信じてます。というか信じてないと寂しくて帰国の飛行機乗れないよ!!寂しいよーーー!!ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!