読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めばジュネーブ

英語もままならないアラサー女が突然ジュネーブに赴任。その奮闘(できてない様子)の記録(2012年6月~2014年4月)。私の思い出のためと、次にジュネーブに来る誰かの参考のために残しておきます。(コメントは今でも歓迎です)

さよならジュネーブ

帰国して一カ月たちました。航空便で送った引っ越し荷物もとっくに届いて、新しい生活も落ち着いてきたところです。

新しい部署はまだ慣れないけど、ジュネーブに行ったときの慣れなさに比べたらなんてことないです。だって日本語なんだぜ。

 

ジュネーブ最後の日は片付けで徹夜し、そのまま携帯の解約のための書類を役所にもらいに→携帯ショップに→大家さんと一緒に退去前の点検→空港へ。

ばったばたでした。人生常にギリギリにバタバタ。今回こそ早め早めで、と思って準備していたつもりでも、結局ギリギリになるといつものようにバタバタ。もう一生こうなんだろうか。

 

平日だったのに、友人が仕事を休んで空港まで見送りに来てくれました。

荷物検査の人の波にのまれて見えなくなるまで、遠くからずっと手を振ってくれました。最後に大きく手を振り返して、一人で歩きだしたとき、急に涙がこぼれました。

ほんとに友達に恵まれた2年間でした。

 

このブログも、ひととおり書きたかったことは書いたかなと思うので、そろそろ更新を終わりにしたいと思います。

もともとは渡航手続きや生活情報についてまとめて、誰かの役に立てたらいいなと思って始めたブログでしたが、いつの間にか私の旅行記と化し、ただの愚痴吐き場と化していきました。でもそれはそれで誰かの心には届いていて、書いた甲斐があったなと思っています。

一番は、ジュネーブ暮らし終盤で書いた「海外OLはつらいよ」だなあ。

ブログのコメントもたくさんもらったし、実際の友人からも「あれは共感した」と言われました。ただしんどくて黙ってられなかっただけなんだけど、それを書いたことでどこかの誰かの肩がちょっとでも軽くなったなら、それも無駄じゃなかったんだと思えます。

私からはキラキラ輝いて見えてた人にも、「あれ読んで泣いた」って言われました。そうは見えなくてもみんな悩んでたんだね。逆に、私に出会う前にブログを読んでいた人からは、実物の私がキラキラOLに見えたから、ブログと同一人物だと思えなかったと言われました。これは私には意外なことだったけど、もちろん嬉しかったな。

このブログでしか私を知らない人は、ブログをもとにしたダメOLの私のイメージを上方修正してくださいねっ!!実物はもっとキラキラしてるそうですのでっ!!

実はみんなちゃんとしてるように見えて中身はダメダメで、私とおんなじようなもんかもしれないね。。。いや、それはないか。

 

ともあれ、こんな私でも2年弱のジュネーブ生活の中でたくさん楽しい思い出ができて、たくさん素敵な友達ができて、見知らぬ街がいつしか思い出の街になりました。

いろんなことがあったけど、振り返ってみればジュネーブが大好きだし、ジュネーブに住めて、働けて本当に良かったと思っています。

ジュネーブ生活が終わったと言ってもまあ人生は続くわけですが、一区切りとしてこのブログの更新はここで終わりにします。

読んでくださった方、短い間でしたが、ありがとうございました~。

 

※ちなみに帰国後のブログはこちら。

http://mamezo12.hatenablog.jp/